«  古典管を分解しました | トップページ | EMT 139a/b 1台販売予約受付 »

2017年11月28日 (火)

EMT 981 メンテナンス

以前お客様とトレードしたEMT 981が故障しました。電源が入らなくなったのです。当初よりスイッチにノイズが入り、整備状況が良くないことをお伝えしていたのですが、直ぐに電源が入らなくなりました。電源を入れるとリレーが働いているようですが、動作状態にはなりません。
購入先に結局はメンテナンスを依頼し、戻ってまいりました。使用してみると、電源投入ごの様々のスイッチ切り替え時にノイズが出、先に問題視した状態が改善されていないように見えます。そのうち、電源が切れていました。再度相談したところ、返品することになったのですが、メンテしたところに戻したところで、改善されないことはわかります。また、このまま手放しても、入手した人が、結局は困ることになります。思案した結果、当方でメンテすることにしました。メンテ後40-50日、連日3~5時間連続使用しても問題ないようになっています。今回は、そのお話です。
画像は分解前から後まで連続しています。また解説はしませんが、コンデンサーは全品チェック、交換したものはありません。何が一番の問題かは予測どおりでしたので、その部品を交換しました。分解してわかったことは、電源のコンデンサーがひとつ、フューズがひとつ交換、低電圧回路の石がいくつか交換してありました。現在も将来もトラブルが起きなければ、今回のトラブル原因は、間違えなくリレーにあったわけです。 また、ノイズフィルターは機能していましたので、ここはそのままにしてあります。
Dsc_1292_2

 

Dsc_1290

 

トレー周りの部分欠損、長期的には問題あり
Dsc_1291

 

こちらが欠損

Dsc_1294

リレー関連のプリント基板

Dsc_1296

こちらにもリレーがあります。
これら全てを交換するのですが、そのためには、全ての基板を取らねばならなくなりました。
そうすると結果、シャーシーもバラバラになるのです。
最後に納得したのは、メンテナンスは問題点を最後まで突き詰めて行わねばならないということです。皆さん、経費があるでしょう。メンテ依頼者は少しでも安くと思うでしょう。でもこの981は当舎のお客様にとっては2度メンテしているのです。結果的には、当方で行えば、ご負担が少なかったと思うのです。当舎のメンテ費用は、安くありませんが、結果的は比較にならないほど安価・安心・安全ということなのでしょう。

|

«  古典管を分解しました | トップページ | EMT 139a/b 1台販売予約受付 »

メンテナンス・修理補修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/66097973

この記事へのトラックバック一覧です: EMT 981 メンテナンス:

«  古典管を分解しました | トップページ | EMT 139a/b 1台販売予約受付 »