« どこからでもオーディオ講座 | トップページ | SIEMENS Da and SIEMENS BO 予約 »

2017年8月 4日 (金)

RFTスタジオ・パワーアンプ

暫くお休みにしていましたメンテナンスを再開しました。
来月からレコードコンサートを毎月定期にしていきますので、その折に公開できるかもしれません。
旧東ドイツのパワー・アンプには、出力管にEL12nを使用したもの、EL34/EL36を使用したタイプとあります。EL34のアンプは、西側に送れること10年程度あるようです。RFT傘下のメーカーがTELEFUNKEN EL34を生産するようになってから、アンプを製造することになったとみています。
余談ですが、TELEFUNKENにはEL34がメタルベース以降5穴ウイング付、5穴、更に4穴がありました。この4種類以外は見たことも聞いたこともありませんので、まずはこの4種類のみと考えることにします。
このうち、TELEFUNKENの自社工場で生産されたものは、3種類で、4穴は全てRFTにての生産となりました。と私もそう解説してきました。5穴プレートまでは、テレフンケンの製造工場コードが入っていましたが、4穴にはそれを見たことがないためです。RFT製造のEL34はでは、どこが設計したのかというと、最近整理をしてみるとそれはTELEFUNKEN自身ではないかと思うようになりました。あるロットはテレフンケン自社工場製だったと考えるべきでしょう。ラボは当然としても、試験量産品があったのではないかと思っています。
一方RFTも量産するようになると、ベースを薄くしたりして、改良していきます。それらは、正規のTELEFUNKEN EL34に反映していないようですが、色々なOEM品を比較検討して見るとまた異なったことがわかるかもしれません。

 

Dsc_0712初期情報

POWER TUBES  RFT EL12n 2本 プッシュプル動作

RECTIFIER TUBE  RFT EYY13 1本 両派整流

VOLTAGE AMPLIFER TUBES  RFT ECC83 2本 動作方法不明

INPUT TRANSFORMER 型番不明 1台

POWER TRANSFORMER 型番不明 1台

CHOKE COIL 型番不明 1台

OUTPUT TRANSFORMER 型番不明 1台

入力切替なし

トーンコントロールなし

当該機にはNR.7とあります。8台は生産したのではないかと思うのです。

さて、これからメンテナンスです。

|

« どこからでもオーディオ講座 | トップページ | SIEMENS Da and SIEMENS BO 予約 »

メンテナンス・修理補修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/65611722

この記事へのトラックバック一覧です: RFTスタジオ・パワーアンプ:

« どこからでもオーディオ講座 | トップページ | SIEMENS Da and SIEMENS BO 予約 »