« LORENZの受信機と電力増幅器(AD1s) | トップページ | TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ »

2017年6月22日 (木)

Partridge 出力トランスと段間トランス

Dsc_0184


英国パートリッジ社の純正出力トランスと段間トランスです。

資料がともにありませんが、OPTは1次4500Ω 2次4/8/16Ω プッシュプル用戦前の仕様を引き継いでいるようです。その後50年代には2次側は細かく分割されて遊びのないように組み合わせで負荷抵抗が決められるようになっています。

パートリッジ社は1960年代には操業を終えたようですが、資料や技術は同業他社に引き継がれたようで、ブランドと併せて現在も残っているようです。勿論、Partridgeの最盛期1940-50年代とは音質や技術は大分異なるように見受けられます。

Dsc_0185

段間トランスは1次シングル、2次センタータップ付になります。

パートリッジの旧型はバンド・オープン型ですので、この段間トランスは、戦後のものだと見ています。

Dsc_0186Dsc_0187

|

« LORENZの受信機と電力増幅器(AD1s) | トップページ | TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ »

トランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/65443905

この記事へのトラックバック一覧です: Partridge 出力トランスと段間トランス:

« LORENZの受信機と電力増幅器(AD1s) | トップページ | TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ »