« 真空管の手直しの最中 中古管CX345の再生について その2 | トップページ | Partridge 出力トランスと段間トランス »

2017年6月15日 (木)

LORENZの受信機と電力増幅器(AD1s)

Dsc_0458
受信機は電源内蔵の中波・短波用のようです。LORENZの機器、それも戦前のものは久しぶりで、ご尊顔を拝見しました。日本のコレクターは世界の変態です。日本人そのものが変態ですから、当然でしょう。

Dsc_0460

存在感のある前面、即ち顔です。

これと対になるのがアンプ部です。

Dsc_0459

こちらがパワーアンプというよりプリメインアンプです。

EQアンプはありませんが、トーン・コントロールがついています。

業務用として、入力はマイク、ラジオ、レコードと切り替えるようになっています。

Dsc_0455

パワーアンプ側から見るとこのように見えます。奥が受信機です。

AD1はTungsramが刺さっています。

メタルシールドの真空管は、トップがグリッドが多く、その部分には、シールドがかかっていません。その為に、シールドキャップが採用されています。

Dsc_0456

状態がとても良い。修理痕がないのですが、これで通電させると、二度と使用できないようになることもありますので、まずは部品チェックをして、不良部を交換してから、次の段階に進みましょう。

偶には、記事を載せないとということで、記載しましたが、ほかにも途中で止まっているものが多く、またレコードコンサートの準備も進めねばならず、時間が無いのです。でも、倉庫建設は終了し、各地におかれていた在庫を集中搬入できました。こちらは在庫整理の段階になりました。KlangfilmやZeissのアンプを20-30台、Amertranのアンプも久しぶりに見ることが出来たのですが、そのメンテは何時行えるのでしょう。

倉庫建設と在庫搬入に予想外に費用がかかりました。16tクレーン車(ラフター)を2台、鉄板を敷き詰めるとその費用は、、、、、。自宅の建設費に余剰金を回そうという目論見が崩れ、不足が生じました。近々、スピーカー・ユニットのセールをやることにします。

ヤフオクの担当者からのセッツキにあい、来週中にヤフオクと同時にセールをすることにしてしまいました。売れると良いな!

|

« 真空管の手直しの最中 中古管CX345の再生について その2 | トップページ | Partridge 出力トランスと段間トランス »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/65415144

この記事へのトラックバック一覧です: LORENZの受信機と電力増幅器(AD1s):

« 真空管の手直しの最中 中古管CX345の再生について その2 | トップページ | Partridge 出力トランスと段間トランス »