« TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ | トップページ | レコード・コンサート 予告 9月 »

2017年6月26日 (月)

Klangfilm KLL42006の族

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷スピーカーご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Dsc_1309

TELEFUNKEN Ela L45 フィールド・タイプ

価格630,000円 電源台・整流管RGN2004

Dsc_1311

黒いチジミ塗装、銅メッキのポールピースはTELEFUNKEN仕様なのでしょうか。Klangfilmでは私たちは見ていません。

 

Dsc_1312

 

電源内蔵の台はフレームと同じSerial Numberが印字されていました。0番台5001番が当シリアルです。

 

復元するのに少々手間取りました.

そのままに良い音を出せるようになりました。

 

コーン紙は密度の薄いが心持厚手にしたタイプで後年のプレスを強くかけて又エンボス加工をしたものと異なります。それぞれ、表面積を多く確保するための方法が工夫されているのですが、時間経過による技術の集積を見ることができます。

さて、シリアルにより音が異なるとか、年代による音の相違があるとかは、重要事項とは思っておりません。音が違うのだというのは、個体差にあることですので、個性としてみることにし、音楽を響かすということに注視することにします。

注)本ユニットがEla L45なのかL48なのか、又それ以外かわかりません。TELEFUNKENマークとEla L4は判明しましたが、最後の5か8かはもうわからないのです。

|

« TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ | トップページ | レコード・コンサート 予告 9月 »

スピーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/63345829

この記事へのトラックバック一覧です: Klangfilm KLL42006の族:

« TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ | トップページ | レコード・コンサート 予告 9月 »