« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

Klangfilm KLL42006の族

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷スピーカーご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Dsc_1309

TELEFUNKEN Ela L45 フィールド・タイプ

価格630,000円 電源台・整流管RGN2004

Dsc_1311

黒いチジミ塗装、銅メッキのポールピースはTELEFUNKEN仕様なのでしょうか。Klangfilmでは私たちは見ていません。

 

Dsc_1312

 

電源内蔵の台はフレームと同じSerial Numberが印字されていました。0番台5001番が当シリアルです。

 

復元するのに少々手間取りました.

そのままに良い音を出せるようになりました。

 

コーン紙は密度の薄いが心持厚手にしたタイプで後年のプレスを強くかけて又エンボス加工をしたものと異なります。それぞれ、表面積を多く確保するための方法が工夫されているのですが、時間経過による技術の集積を見ることができます。

さて、シリアルにより音が異なるとか、年代による音の相違があるとかは、重要事項とは思っておりません。音が違うのだというのは、個体差にあることですので、個性としてみることにし、音楽を響かすということに注視することにします。

注)本ユニットがEla L45なのかL48なのか、又それ以外かわかりません。TELEFUNKENマークとEla L4は判明しましたが、最後の5か8かはもうわからないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TELEFUNKEN L48 励磁型フルレンジ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷スピーカーご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Tfk_l482_4

KLL42006とほぼ同一のユニットとしてTELEFUNKEN L48がありました。今回のご案内はそれになります。

Tfk_l4811_2

コーン紙の損傷も、フィールド・コイルの損傷もありません。フレームも問題なく、コーン紙とフレーム番号も一致していますので、オリジナルということになります。1824が記入されていました。これは製造年かもしれません。コーン紙の部分的な変形とギャップの縮小化がありました。

Tfk_l4812

ギャップは通常このタイプでは0.12~0.15mmですが、0.1mmまで縮んでいました。

Tfk_l483_2

コーン紙矯正、ギャップ調整、その他色々の調整後、本日から音だしとなりました。

Tfk_l485_2

Tfk_l481_2

TELEFUNKEN L48 美品 価格540,000円税抜き 電源別売り

特別バーゲン・セール ヤフオクにてスピーカー・ユニットなど販売価格の概略70-80%です。ただし期間は約2ヶ月です。 本品は対象にはなりません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

Partridge 出力トランスと段間トランス

Dsc_0184


英国パートリッジ社の純正出力トランスと段間トランスです。

資料がともにありませんが、OPTは1次4500Ω 2次4/8/16Ω プッシュプル用戦前の仕様を引き継いでいるようです。その後50年代には2次側は細かく分割されて遊びのないように組み合わせで負荷抵抗が決められるようになっています。

パートリッジ社は1960年代には操業を終えたようですが、資料や技術は同業他社に引き継がれたようで、ブランドと併せて現在も残っているようです。勿論、Partridgeの最盛期1940-50年代とは音質や技術は大分異なるように見受けられます。

Dsc_0185

段間トランスは1次シングル、2次センタータップ付になります。

パートリッジの旧型はバンド・オープン型ですので、この段間トランスは、戦後のものだと見ています。

Dsc_0186Dsc_0187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

LORENZの受信機と電力増幅器(AD1s)

Dsc_0458
受信機は電源内蔵の中波・短波用のようです。LORENZの機器、それも戦前のものは久しぶりで、ご尊顔を拝見しました。日本のコレクターは世界の変態です。日本人そのものが変態ですから、当然でしょう。

Dsc_0460

存在感のある前面、即ち顔です。

これと対になるのがアンプ部です。

Dsc_0459

こちらがパワーアンプというよりプリメインアンプです。

EQアンプはありませんが、トーン・コントロールがついています。

業務用として、入力はマイク、ラジオ、レコードと切り替えるようになっています。

Dsc_0455

パワーアンプ側から見るとこのように見えます。奥が受信機です。

AD1はTungsramが刺さっています。

メタルシールドの真空管は、トップがグリッドが多く、その部分には、シールドがかかっていません。その為に、シールドキャップが採用されています。

Dsc_0456

状態がとても良い。修理痕がないのですが、これで通電させると、二度と使用できないようになることもありますので、まずは部品チェックをして、不良部を交換してから、次の段階に進みましょう。

偶には、記事を載せないとということで、記載しましたが、ほかにも途中で止まっているものが多く、またレコードコンサートの準備も進めねばならず、時間が無いのです。でも、倉庫建設は終了し、各地におかれていた在庫を集中搬入できました。こちらは在庫整理の段階になりました。KlangfilmやZeissのアンプを20-30台、Amertranのアンプも久しぶりに見ることが出来たのですが、そのメンテは何時行えるのでしょう。

倉庫建設と在庫搬入に予想外に費用がかかりました。16tクレーン車(ラフター)を2台、鉄板を敷き詰めるとその費用は、、、、、。自宅の建設費に余剰金を回そうという目論見が崩れ、不足が生じました。近々、スピーカー・ユニットのセールをやることにします。

ヤフオクの担当者からのセッツキにあい、来週中にヤフオクと同時にセールをすることにしてしまいました。売れると良いな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »