« ご注文方法 | トップページ | 真空管の手直しの最中 中古管AD1の再生をしようとしたら、なんと! その1 »

2017年2月18日 (土)

真空管の手直しの最中 中古管CX345の再生について その1

高価で貴重な真空管が、いつも間にやら、おかしくなってしまっている。という事態は、真空管愛好家では、常にある問題です。

確かに、真空管は生き物のようで、常に手入れをしていなければ形だけのものになってしまい最大の楽しみの音だしができないということになってしまうのです。

最近では行わないのですが、直熱管はフィラメントが導通していれば、その時には使用できなくても、生き返る可能性が高いので超安価に手に入れておくということはしました。ここ神保町に移転してきたころには、動作をしないものは購入しないことにしています。なぜなら、生き物だからです。気がついたら死んでいたなどということは常に覚悟していなければならないのですが、未使用品だとてその例外ではありません。未使用品の問題点は、とても少なく、トラブル頻度も少ないと今までの経験が言っています。

そこで、中古品の再生にかかわる問題を改めて取り上げてみたくなり、ここに稿を起てました。

私の技術的背景は、先生でもあるO氏の知識と経験、そして誰も知らない深いノウハウです。このO氏には、そのうちオーディオ教室を開催してもらえることになりましたので、あたらめてその時にご紹介します。とはいえ、どんなに知識・経験があろうとも、真空管はつくられてから、100年を超え、今ここに問題とする真空管でさえ、既に80年を超えようとしているのです。

この80年という時間は、生産側の予測を超えていることは誰もがご存知のはずですが、どのような事態が訪れるかは知らない振りをしています。まるで、現在の人口減少に直面している日本のようです。近代において人口減少が先進地域の1国の規模で起こることはなかった事態です。予測はできないことにして、襲ってくる事態に対処することしかしないことにしている今のわれわれと同じように、80年の自然劣化がどのようなものかは口を閉ざすことで凌ごうとしています。

では、続きは次回。 

テーマはヤフオクで販売したCUNNINGHAM CX-345が返品されてきました。

音が出ないというのです。ダブルチェックをした真空管ですが、もしかしたらと思って交換返品をしてもらい、再度検査して見ました。フィラメントは点灯します。Ep100Vを掛けました。電流は流れました。でもグリッド・コントロールができません。なるほど、では対処をして見ましょう。というのですが、、、、、

|

« ご注文方法 | トップページ | 真空管の手直しの最中 中古管AD1の再生をしようとしたら、なんと! その1 »

資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/64909878

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管の手直しの最中 中古管CX345の再生について その1:

« ご注文方法 | トップページ | 真空管の手直しの最中 中古管AD1の再生をしようとしたら、なんと! その1 »