« Klangfilm KLL42006の族 | トップページ | KÖRTING フィールド・スピーカー »

2016年3月25日 (金)

EQアンプ SENTECEQ10 未使用品

Sentec_eq101

EQアンプ SENTEC EQ10 未使用品  

                           委託品価格-円 税込-円

Sentec_eq102

 

初期LPレコードの各社等価回路を最適にし得るようにつくられたEQアンプです。

 

SENTEC EQ10 の販売をお客様に委託されたときに、2台お持ちの為もう1台は別途改造も依頼されました。

正確に申しますと、改造してあったEQ-10 をもう一度音質改良をしてほしいということでした。

順序は逆でしたが、改造アンプの音質改良が整ったので、2台目は不要になったというべきでしょう。

オリジナルがどういう物か蓋を開けてみてみましょう。また、音質も確認してみましょう。回路図がありませんので、追いかけながら見てみました。初段と終段にはSRPPを採用、中段はSRPPではない方法を用いているのです。意外なほどといっては失礼ですが、その音質の良さはこんなところにもあるようです。

 

Sentec_eq103

 

電源内臓です。それと出力にカソード・フォロワーで、小さいコンデンサーを使用しているようです。

Sentec_eq104

アッティネーターは不思議なことにT型ではないようです。絞れば絞るほど、抵抗値が加算されて音質劣化になります。また、EQ素子にはスチコンを使用しています。

Sentec_eq105

Sentec_eq106

電源は、費用の点において、この大きさ・程度になったと考えるべきでしょう。

概略見てきたところから、改造するのならば、電源とアッティネーター、それとカップリング・コンデンサーということになりましょう。このままオリジナルの状態における音質は、とてもクリアーです。他の機器の程度がよくわかるのという、欠点にもなるような良質のEQアンプです。

Sentec_eq107

 

改造が電源部に集中して行われたのは、理解できるところです。確かに、回路や使用部品に対して、電源が弱いと判断されたのでしょう。ご要望による当方での改造は、この電源も含みましたが、最終的には、電源が強化されて、またコンデンサーを交換し、アッティネーターを交換することによって、発注者のご要望にお応えできました。

改造個所は以上です。カップリング・コンデンサー、電源部ー追加電源の改造、アッティネーター交換です。本品はオリジナルなままですので、比較試聴を行うことができ、思わぬことが分かりました。

このEQアンプは周辺機器の良否を明らかにしてしてしまいます。大変使用が難しいアンプといえましょう。しかし、周辺機器が同等以上であれば、当然ですが本機の弱点もわかることとなります。

いずれにせよ、本アンプは非常に優れたアンプです。

 

 

m

|

« Klangfilm KLL42006の族 | トップページ | KÖRTING フィールド・スピーカー »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/63302830

この記事へのトラックバック一覧です: EQアンプ SENTECEQ10 未使用品:

« Klangfilm KLL42006の族 | トップページ | KÖRTING フィールド・スピーカー »