« TELEFUNKEN TS69 新品/中古 | トップページ | RGN1064 と G1064  ナス・メッシュ・プレート »

2015年7月14日 (火)

KLANGFILM V31611/12  RE604シングル・アンプ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷ご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Dsc_0871

Verstärker für Shmaltonfilm 31611/12 pri のメンテナンスが終了しました。その後、7日間経て現在絶好調になっています。

この真空管の状態で、販売価格800,000円+8%税

現在はIsophon Orchestra 4Ωにトランスを嚙まして15Ωから繋いでいます。Isophon Orchestra 15Ωを処分してしまいましたので、より古い4Ωタイプを使用しています。コンデンサーを測定したところ50MΩ程度でしたので、XXのコンデンサーに交換しました。MPコンデンサーは殆ど生きていないので、必ず測定は必要です。

Dsc_0873

独逸のアンプのほとんどは、220Vで、半分の110Vでも使用可能のものが多いのです。当たり前のことですが、110V用を100Vで使用することはできます。その時には、真空管は、新品同様のものを使用しないと音にはなりません。

Dsc_0872さて、本来このVerstärker 31611/12というアンプは映写機からの入力再生を目的にしています。また、マイクやSPレコードも再生することがあるように考えられてはいますが、主たる目的はトーキーですから、音楽再生用の周波数を備えてはいません。そこで、各時定数を最適にしつつ全体で見直しをしました。その結果40-12Khz ±0.5dbとなったのです。また、-3dbを許容すれば、20-20khzをクリアーしました。実に驚異的な出力トランスです。

結果から見れば、そういうものかですが、特性トリミング外部機構を持たない本アンプにとって、逆にこれほどのトランスは狭帯域にまた音声のみを通すにはさまざまの工夫を必要とします。その工夫を一つづつ無に帰していくのですから、音が良くなるのはわかっていても、抵抗感があるのは仕方がないことです。その結果、こんなに良くなれば、それも許されると思います。

KLL42006との相性も言わずもがなですので、8月に片付けば、聞くことができましょう。

|

« TELEFUNKEN TS69 新品/中古 | トップページ | RGN1064 と G1064  ナス・メッシュ・プレート »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/61878063

この記事へのトラックバック一覧です: KLANGFILM V31611/12  RE604シングル・アンプ:

« TELEFUNKEN TS69 新品/中古 | トップページ | RGN1064 と G1064  ナス・メッシュ・プレート »