« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月

2014年3月19日 (水)

ドイツ整流管 RGN1064 未使用元箱入り 板・メッシュ・プレート

  新入荷真空管ご案内  

Dsc_0131

TELEFUNKEN RGN1064 ナス未使用元箱入り 板プレート型 価格15,750円(5%消費税込み) 16,200円(8%消費税込み)

Dsc_0134

LOEWE-OPTA 1064 ナス未使用元箱入り メッシュ・プレート型 価格-円(5%消費税込み) -円(8%消費税込み)

まずは、上記2種2本のみの在庫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーメンス 14g 新品同様2台セット

  新入荷スピーカーご案内  

Dsc_0563

シーメンス 14g 新品同様2台セット 価格180,000円(5%消費税込み) 185,142円(8%消費税込み)

スピーカー・ボックス 2台セット価格120,000円(5%消費税込み) 123,428円(8%消費税込み)

Dsc_0558

箱はシーメンス・コアキシャルに使用したのと同型です。大きさは20cmに合わせてあります。

Dsc_0561

ユニットは14gの最終系です。生産数量も多い物でしたが、安定性もあるタイプです。

Dsc_0560_3

マグネットはVAC製で シールが貼られていますので、このタイプの早期品になるようです。

VACUUMSCHMELZE A.C.HANAU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

SIEMENS Ba 直管元箱入り未使用品2本セット

  新入荷真空管ご案内  

Dsc_0128

SIEMENS Ba 直管元箱入り未使用品2本セット 価格31,500円(消費税5%) 32,400円(消費税8%)

Edのドライバーに使用できるものですので、仕入れておきました。

Dsc_0130

もう1本は未開封です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TECHNICS 30A 40A プリアンプ+パワーアンプ セット

Dsc_0111

松下 TECHNICS 30A 40A プリアンプ+パワーアンプ 中古セット 価格-円(消費税5%) -円(消費税8%)

本アンプは既にご紹介済みです。コンシューマー用として世界レベルであったことは昨今再認識されてきました。オリジナルの機能・性能を復元できれば、これで十分であることはお聞きになれば直ぐに分かりましょう。まさに傑作です。

Dsc_0112

詳細は別記事でご覧下さい。もう1セットメンテしてから販売しようと考えていましたが、時間がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝 TOSHIBA 7591A 未使用同一ロット品

  新入荷真空管ご案内  

Dsc_0075

東芝 TOSHIBA 7591A 未使用同一ロット品 @10,500円(消費税5%) 10,800円(消費税8%)

25本箱よりの抽出品、全てシールされているもの。ペア・クオッドご希望は購入後開封検査してお渡しします。

Dsc_0076

1本のみ開封してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GE 7027A 未使用元箱入り4本セット

  新入荷真空管ご案内  

Dsc_0079

GE 7027A 未使用元箱入り4本セット 価格63,000円(消費税5%) 64,800円(消費税8%)

Dsc_0080

Dsc_0081

7027A は外見6L6GC と全く同じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GE 6CA7 (EL34) 未使用元箱入り

 新入荷真空管ご案内  

Dsc_0077

GE 6CA7 (EL34) 未使用元箱入り @-円(消費税8%)

Dsc_0078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

WE247A ナス刻印 新品同様2本セット

 新入荷真空管ご案内

Dsc_0429

WE247A ナス刻印 新品同様2本セット 価格-円(8%税込み) 

WE247A STプリント 中古 元箱?1本のみ 価格10,500円(5%税込み) 10,800円(8%税込み)

Dsc_0430

左はステムに塗布材あり、右はない。

Dsc_0432

電極支持のためのガラス棒が少し違います。

Dsc_0433

ゲッター台も左は板状、右はカップになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Westernの電圧増幅管 244A ナス刻印未使用元箱入 2本

 新入荷真空管ご案内

Dsc_0434

WE244A ナス刻印未使用元箱入り 2本 価格-円(8%税込み)

Dsc_0436

外観は全く同じです。今となっては、2本揃っているものは入手しがたい物です。

Dsc_0437

ステムもWEらしく綺麗に出来上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WE244A ナス刻印元箱入り1本 ST刻印元箱入り1本

新入荷真空管ご案内

Dsc_0425

WE244A ナス刻印元箱入り新品同様 1本 価格27,000円(5%税込み) 27,771円(8%税込み) 

WE244A  ST刻印元箱入り新品同様 1本 価格13,000円(5%税込み) 22,285円(8%税込み) 

Dsc_0426

Dsc_0427

ナス管はガラス・プリント・ロットです。

Dsc_0428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KT66 OSRAM ST管 未使用2本

  新入荷真空管ご案内  

Dsc_0085

GEC KT66  ST-type 未使用軍箱入り2本セット 価格-円(5%税込み) -円(8%税込み) 

ペアではありませんが、共に全くの未使用品です。電流値誤差は10%以上です。Marconiの箱ですが、これは元箱ではないようです。但し、MarconiもOsramも同じ会社ではありますが、ブランドを交換していたことがあるいうはなかったはずです。

Dsc_0086

ガラス塗布用のカーボンはブラックです。グレー・カーボンは少し後と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GEC KT-66 ST型 未使用本箱入り 4本セット

  新入荷真空管ご案内  

Dsc_0082

GEC KT66 VT75 ST-type 未使用軍箱入り4本セット 価格168,000円(5%税込み) 172,800(8%税込み) 

KT66がGECで造り出された頃はこのようにST管を使用していました。プレートも角型ではありますが、カーボン焼付にし、リブ形状も後年のものとは異なり直熱管プレートのようなものでした。また、ガラス塗布のカーボンは初期は黒、後期は灰色となったようです。これらは欧州2次大戦が終了した後、1950年代半ばに造られたようですが、それも確定的ではありません。PACKED 1957、1959とはあります。

Dsc_0083

ガラスに塗布されたカーボンはねずみ色です。

VT75ですから、KT66が民生番号となります。

Dsc_0084

直管のKT66とは電極のつくり方も異なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHILIPS E408N ナス新品同様2本

 新入荷真空管ご案内  

Dsc_0102

PHILIPS E408N 新品同様 2本セット価格-円(5%税率) -(8%税率)

ナス管としてはおそらく最終形態と考えられる真空管です。ゲッター台は2種類、おそらくゲッターも2種類でしょう。

箱はPHILIPSの当時のオリジナルですが、この真空管の元箱ではありません。

Dsc_0103

このガラスは綺麗です。ロットによってはガラスが部分不透明即ち汚れがあるものを使用していました。中古セットの方がそれです。

Dsc_0104

ゲッターもほぼ残り、エミッションも規定値を遙かに超えています。
左管のベースにはクラックが入っています。

Dsc_0105

ベースのクラックを心配する人がいます。ガラスとベース樹脂材の熱膨張率が異なりますので、ベースのクラックは起きて不思議ではありません。ガラスの強度が弱かったら、管にクラックが入ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHILIPS E408N ナス中古2本 再見

 新入荷真空管ご案内  

Dsc_0106

PHILIPS E408N 中古 2本セット価格-円(5%税率) -円(8%税率)

ナス管としてはおそらく最終形態と考えられる真空管です。ゲッター台は2種類、おそらくゲッターも2種類でしょう。

Dsc_0107

規定値を遥かにクリアーしている状態ですが、中古です。ゲッターに関しては共に同じです。

 

Dsc_0108

絶縁材が殆ど剥離しているため、ガラスに不透明さをもたらしているだけではなく、オキサイド・コーティング材も剥離していますので、管内に落下しています。

ゲッター台も同じです。

Dsc_0110

ベースも同じです。このベースは下の中央画像の直ぐ後につくられたタイプであることを語っています。

Dsc_0040

前回のE408Nの画像です。プレートも3種類あるのがお分かりになるでしょう。今回のE408Nは右管のタイプで、ナス最終形状のようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »