« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月25日 (土)

TUNGSRAM PX2100(UX210) ナス管 2本 未使用元箱入り

 新入荷真空管ご案内  

Dsc_0381

TUNGSRAM PX2100 ナス管 未使用元箱入り 2本セット 価格-円(5%税込み) -円(8%税込み)

Dsc_0382

PX2100とPX2500は外観全く同一であるのは、UX250 UX210とは異なる点です。ただ、グリッド・ピッチはPX2500(UX250)はPX2100のおよそ1.5倍になりますので、比較すればわかりましょう。

Dsc_0384

ゲッターもシングルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHILIPS F704 ナス管 2本セット

 新入荷真空管ご案内  

Dsc_0367

PHILIPS F704ナス管 2本セット 価格-円(5%税込み) -円(8%税込み) 画像2と画像3。

ナス管でも第2世代のもので、プレート熱変形防止を細かい凹凸から線上突起に変更されています。
ゲッターも複数種類のゲッターを使用しているいるのですが、今回は赤くなっているところを見ると、燐系ゲッターなのかもしれません。販売品左の1本と別画像下の1本。右はプレートが異なるタイプです。PHILIPS箱はこの真空管用です。

Dsc_0371画像2

Dsc_0375

画像3

この2本です。

どちらも、バリウムと燐をゲッターに使用しているのかもしれません。

Dsc_0372

プレート形状が異なります。

Dsc_0368

こちらは、プレートに無数のエンボスを施したタイプです。ゲッターは3種類なのかもしれません。上部にはバリウム系かも知れません、燐系とは逆方向に飛ばしています。

Dsc_0369

反対側には赤いゲッターを、下部にはおそらくマグネシウムを飛散させています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHILIPS F704 ST(50) 2本セット

 新入荷真空管ご案内  

Dsc_0409

PHILIPS F704 STタイプ 2本セット 新品同様 価格-円

ヨーロッパの50は数社で製造していたが、現存数は極めて少なく、ここしばらくは出てきませんでした。

本ST管も比較的初期の生産品で、2種類のゲッターを使用した、PHILIPS独自の製造法によってつくられたものです。状態は別記の通りですが、入荷したF704は測定の結果2本のみが当舎の販売に耐えうるものとなりました。

Dsc_0410

ゲッターの再着によると考えられる管中央の鏡状は、この辺りが低温であったということを示ししています。

Dsc_0411

上記状態の裏側。

箱はPHILIPSのF704用ではありますが、本F704の元箱かは不明です。

Dsc_0413

こうして見るとゲッターを2種類使用しているのが良くわかりましょう。

Dsc_0415

本真空管は殆ど使用していないようです。

Dsc_0412

ついでに、ベース裏側も。

欧州管である50を実際に生産したメーカーは45メーカーよりも少ないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

Radiotron 50 刻印 新品同様 2本セット

 新入荷真空管ご案内

Dsc_0420

Radiotron 50 刻印 新品同様 2本セット 価格120,000円(5%税込み) 123,428円(8%税込み)元箱はありません。

Dsc_0421

左はRadiotron、右はCunningham Radiotronの刻印がベースに入っています。部品はすべと同じ、ゲッター台も同じ、ゲッターの方向も同じです。

Dsc_0423

ところで、余計なことかも知れません。よくガラス頭部に測定値をマジックなどで記録してあることがあります。頭部に書くということは、ガラス頭部の使用状態を分かりにくくする作用があります。

Dsc_0424

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

商品金額表示について 消費税改定の備えて

      消費税改定における商品金額表示改変

日本国政府により、昨年国会の承認のもと消費税引き上げが本年4月1日よりおこなわれることになりました。

従来は一部の除き消費税込みの表示を要求されていましたが、今回は、消費税別表示も許されるようです。
そこで、当舎にあっては、本年からの入荷品・店頭開示品については5%消費税込み金額と8%消費税込み金額の双方を本年3月31日までの表示商品について記載することとしました。
5%消費税込み金額は本年3月31日までの価格であり8%消費税込み金額は4月1日以降の価格です。

また、昨年までの表示金額は、全て消費税5%込みの金額です。よって、4月以降は8%の消費税をお預かりすることになります。
この場合の金額は3%消費税増税分の加算です。計算は実際には大変面倒ですが、国家権力の行使の下、お支払と煩瑣計算のご協力をお願いせざるを得ません。

例)アメリカ製ソケット US 8ピン アンフェノール 未使用 価格1,500円は商品代金1425.57円と5%消費税71.43円に分けられます。 8%消費税になりますと、商品代金1425.57円と消費税114.05円 合計1539.62円 実際には1,539円となるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RS237 用ソケット 中古2個セット

 新入荷真空管ご案内

Dsc_0407

ドイツ製 専用ソケット 中古 価格10,500円(5%税込み) 10,800円(8%税込み)

Dsc_0408

ドイツ製のソケットは3点で固定する方式です。その強度はamerica製とは比較になりません。構造的なレベルの違いなので、RS237をJhonson製の211用ソケットを使用していられる方にはお勧めでしょう。規格寸法も異なりますが、固定方法・固定位置が全く異なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UTCの初期型トランス LS-61

 新入荷真空管ご案内

Dsc_0396

UTC LS-61 初期型出力トランス 2台 価格120,000円(5%税込み)123,429円(8%税込み)

LS-61 20W  1次10kΩ・6kΩ 2次1.2Ω-500Ω、周波数±1db 30-20000Hz

Dsc_0399

右トランスはピン状態を見て、ハンダ痕がないことがわかります。おそらく未使用とおもわれます。

左トランスは中古です。いずれも、直列ピン配置、鉄鋳物ケースですから、最初期のものです。

Dsc_0398

ケースはどちらもA2です。

Dsc_0397

初期トランスとそれ以降のトランスとは、同じ型番であっても、音質・特性が相当異なるようです。インピーダンスと容量は同じではあります。コア材が違うとか、捲き方が違うとかの理由によるものでしょうが、検証を一度もした事がありません。またその情報を得たことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »