« TECHNICS 40A パワー・アンプ | トップページ | 素人の知ったかぶり、玄人の無知 その1 »

2012年9月14日 (金)

TECHNICS 40A パワー・アンプ その2

40a21

TECHNICS 40A STEREO・パワー・アンプ    115,000円  メンテナンス終了品 ですが、2台目になります。

1台目と2台目の音が少し異なります。

40a201

2台目は、カップリング・コンデンサーがオリジナルのペーパー・コンです。

1台目は、既にリークしていましたので、松下のフィルム・コンに変更しました。

メンテの結果、当アンプはオリジナル当時の音に近く、細い線ですが、明確な音になっています。フィルム・コンにするともっと正確に太い音になりました(その1)。

40a26

とても綺麗な内部です

40a23_2 ダンピングは右のつまみです

スピーカーの位相もアンプにて逆相に出来るのです

40a111

カバーを通してみた、真空管です

本アンプは中古品です。必要にして最小のメンテナンスを施し、発売当時の機能を回復させました。必要にして最小とはその意味であり、発売当時の外観を再塗装で復元する事ではありません。

保証期間は6ヶ月 期間中に不備が発生した場合は、無償にてメンテナンスを行います。ただし、部品代は実費をいただきますし、真空管を取替え使用したことによる、トラブルについては、無償保証の範囲に含まれません。

パワー・チューブの交換は、出力管を良く知る方が行って下さい。不備な真空管を使用すると、アンプ機能に重大な障害を与えます。可能性ではなく、最悪トランスの焼損を招くことを心して下さい。真空管アンプの最悪トラブルは真空管とコンデンサーが引き起こすことが大半なのです。経年変化による、コンデンサー容量抜け・絶縁性劣化はアンプに致命的ダメージを与えることは周知のことですが、同じことは抵抗にも言えることです。抵抗も抵抗値の変化が動的・静的に発生し、断線・ノイズ発生等が生じた時には重大なるダメージを当然与えてしまいます。

|

« TECHNICS 40A パワー・アンプ | トップページ | 素人の知ったかぶり、玄人の無知 その1 »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586175/55651727

この記事へのトラックバック一覧です: TECHNICS 40A パワー・アンプ その2:

« TECHNICS 40A パワー・アンプ | トップページ | 素人の知ったかぶり、玄人の無知 その1 »