« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月26日 (水)

素人の知ったかぶり、玄人の無知 その2

第2回 EL36

真空管コレクターとして、とても楽しかった頃ですが、最も驚いた真空管がこのEL36でした。EL36は業務用によく使用されたものですし、松下で6CM5として製造していましたから皆さんよくご存知のパワー管です。わたしはご存知でありませんでした。本稿は玄人の無知ですが、私のことではありません。その頃は楽しいコレクターで、何も知らず、何を知らねばならぬかも知らなかったのです。

EL36を知ったのは、ドイツZEISS IKON DOMINAR-Lアンプを入手しその出力管EL12/375の予備を探していたときです。20年以上も前のことでした。

EL12族 EL12 EL12/325 EL12/350 EL12/375 EL12spez EL6 EL6/400 EL6spez EL36 EL54 EL150 4699 4699N 

このEL12族のひとつとして、EL36がありました。これが、実は全くのでたらめなどと、知る由のない少年の心を持つ私は、日夜EL36を探して、世界を旅していました。これは本当のことです(え!どっちだって?少年の心にきまっているでしょう!!)。
ここで、一気に本題に入る前に、予備知識を準備します。

欧州大陸の傍熱五極管もPHILIPSから始まるようですが、端折ってヒーター4VのAシリーズ、6.3VのEシリーズがありました。ヒーター電圧だけが異なる、同特性管が多々あったのです。

取分け Eシリーズは各メーカーがこぞって生産したものですから、様々なナンバーができました。以下4種は同等管とされたものです。ソケットと電極引き出し方に違いはあります。

SC:サイド・コンタクト8P US8P:USタイプ8ピン G8P:ドイツ型8P(F2aIIなど)
TG:トップ・グリッドはそのまま、SE:シングル・エンドは電極引き出しをベースより行ったものという意味です。ですから、EL32にしか当てはまりません。これは、私の造語ではありませんよ。他の球はダルマ型にしろ、直管型にしろ通常のベースからの引き出しになります。

EL2 TG、SC EL32 SE、US8P

EL3 SC    EL33 US8P    EL11 G8P EL53 SC

EL5 SC    EL35 US8P            EL50 SC→4689 SC

EL6 SC    EL36 US8P    EL12 G8P EL54 SC→4699 SC

面白いことにEL4はなかったようです。あれば、EL34となるのでしょうが。EL60がその原型にして同等管となります。ぱっとみて、何らかの法則性が見て取れますでしょう。これにEL150シリーズが重なるともっと面白いのですが、それはいつか機会を見て。このように見ると、本当にEL6とEL36は同等管だと思えます。これらは、全て Electronic universal Vade-Mecum からの引用です。この本は、収集資料点数が多かったためか、データー処理に誤りが多いのが欠点ですが、これほどのものはほかにはありません。未だ、1級の資料です。当然上記も一部誤りがありますが、元本そのまま転記しています。

以上でお分かりの通り、Electronic universal Vade-Mecum を見た元少年はひたすらEL12系を収集することになるのです。

「el6_2.pdf」をダウンロード

「el36_1.pdf」をダウンロード これがEL36の本来の規格表です。

http://www.audioantik.de/Daten/EL12.pdf ここに明瞭にEL36がクレジットされ、更に外見はST管のオクタル・ベースであることも寸法図にあります。これは、EL36が上記の球であることが完全否定されているデーターでした。

結局、わかったことは、EL36のみEL一桁管のオクタル・ベース管ではないということでした。何故そうなったのかは、わかりません。検証を一度もしないで、文章をそのまま残していく、官僚組織を常に行うことが、どれ程の弊害を生むのか、改めて認識した、わたしにとっての大事件でした。玄人の無知と素人の知ったかぶりに人はどれほど振り回されるか。自戒の念を籠めて、振り返ってみました。

ところで、EL36はその後、シングル・エンドにしたものが、SIEMENS のE235Lであり、EL36と同じ形態がE236Lのようです。これも、詳細は機会を見て行いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

素人の知ったかぶり、玄人の無知 その1

ブログ形式で商品紹介をするようになって、5ヶ月近くになりました。おかげさまで、順調にアクセス数と訪問者数が増えています。リピート率がそう高くはないのですが、アクセスに関して面白いことがわかりましので、このタイトルをつくることにしました。参考にしていただければ、幸いです。

当舎を営業してから、いつの間に15年が過ぎました。当初よりソフトとハードの販売を行おうとしていましたが、体力・能力的に難しいく少しづつテリトリーを増やすしかありませんでした。未だに、目論見が達成せず、願望と現実の狭間でじたばたしている次第です。

ソフトの知識は同業者と友人・知人そしてなによりもお客様に教わってきまして、その上で実地研修を積んできたのです。ソフトは実に面白い、未だに聴いたことも・見たこともないレコードが毎年出てくるのです。ハードはこの点、そういうものはまずありません。それよりも、メンテナンスをすることの知識・経験・ノウハウを少しずつ積み上げることに全力を傾注したいと思っています。タイトルは自分のことも含みますので、知識・人格の向上を目指すということを主たる目的としています。当然、マニア・コレクターや同業者などへの無原則な非難ではありません。

さて、このブログ形式の話ですので、このハードのことになります。一応、ハードは部品と本体とに分けられているようで、抵抗・コンデンサー等の部品から、スピーカー・アンプ等の本体にというわけです。テーマは当方へのアクセス内容から、調べわかったことにします。

第1回 ポスト・チューブ Ed

Edの用途と最初の設計時期については、調べることができませんでした。ポスト・チューブについて、質問が何件かあったのと、Edの検索が増えました。こういう時にはヤフー・オークションを見るとその理由がわかります。

Klangfilm Ed   (KL 72406) で出品されていたのです。ebayで、先に落札されたのと同じかどうかは関知しませんが、同じであれば出品者にとっては少々不幸な落札金額かと思います。

その能書きです。

1.Edのルーツをたどっていくと有名なシーメンスからクラングフイルムにたどり着きます 伝説的なサウンドフィルムKL ED711プッシュプルパワーアンプリファイアー用に開発された伝説のフィルムのサウンドの長寿命ロングプロパワー出力三極管。

2.知らない人が多いので調べたところ,Edは伊藤喜多男氏がシーメンスのイエローリボンのEdしか無いと思われますが、テレフンケン、バルポー シーメンスとEdは製造されてました。

3.出力管のKL-72406は 直熱三極管AD-1を業務用に規格を上げてソケットを変更したモデルです。

4.Klangfilm Ed   (KL 72406) というタイトルにしたことが意味するものはEd=KL72406であるといいたいのでしょう。(これは私が推測したもので文章化されたものではありません。が、100人が100人同じ推測をすると思います。)

以上4点について、考察してみましょう。

1.Edのルーツについて。<クラングフイルムにたどり着きます >、何故なら<KL ED711プッシュプルパワーアンプリファイアー用に開発された>からなのです。論理展開の無謀なこじつけですが、この手の方法は、わたしもつい使用してしまうし、素人も玄人も同じ過ちを犯します。願望と妄想がつい先走り、筆を走らせてしまいます。

http://klangfilm.free.fr/index.php?lng=0&music=&type=0&frame=1&item=&title=&dir=&num=

1)からDocumentasions → 6.1 Amplifier → KL.711

2)からPictures → 1.1 Amplifier → KL.-711

を見ていただくとわかります。KL ED711というアンプが存在したのかどうかはわかりません。存在を証明するのはできますが、存在しないことを証明することは通常不可能です。本人に証明してもらうしかありません。
KL ED711ではなく、KL711というアンプがあることはこのサイトが証明しています。そのKL-711に使用されているのが、KL70505-KL70505-KL72407x2 Z2cです。さらに、もっとも大事なことですが、このアンプはSiemens製ではありません。Austria Siemens製なのです。ドイツ・シーメンスとオーストリア・シーメンスは同じSiemensですが、オーストリア・シーメンスは独シーメンスと同じにはつくらない大変独立性の強い会社です。これをごっちゃにしないようにしてください。Siemens旧型Ed(ST管のほう)はオーストリア製のみであった可能性が極めて高いのです。

さらに、KL72406ではなく、KL72407を使用しているところに、オーストリアらしさが満ち溢れていることがわかるでしょう。<406にしろ、407にしろポスト・チューブ・ソケットを使用しEdと同じような規格であることは、KL-711がEd用アンプといえるだろう。> そう考えて良いと思います。それは、KL-711がEdも対象としたアンプであったが、そのアンプのためにEdを製造したことを意味しているわけではありません。

すでに、1.の論理と展開が崩壊していることはおわかりでしょう。

なおKL72407は http://homepage3.nifty.com/Jiya/html/main.html を見てください。また、先のHP http://klangfilm.free.fr/index.php?lng=0&music=&type=0&frame=1&item=&title=&dir=&num= 中を良く探すとKL72406とKL72407とがでていますから、何が異なるのかおわかりになるでしょう。

2.は対象とするほどのことではありません。EdはSiemens、Valvo、戦後RWNが生産していました。Telefunken Edがあったことは、確認していません。4.のことでしょうか。この方はせめてEU Valveのサイトをご覧になっていれば、無知を曝さずにすんだのです。

3.は大きな問題があります。<AD-1を業務用に規格を上げてソケットを変更したモデル>。どう規格を変えたのでしょうか。私の資料では、規格が変更されたことが分かりません。これは、ご本人が提示する義務がある問題です。あるサイトには<確かAD-1はフィリップスの設計かと記憶していますが、使いやすい規模(250Vで4W取りだせる)だったようで各社様々な形状の物が生産されていました。
途中からAB級プッシュプル用に規格を上げた物がklangfilmに納入されたようです。Valvoの物は後年のKlangfilm代替という説もありますが、文献では未確認です。
> http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-4.html

<AB級プッシュプル用に規格を上げた>とはどういうことでしょうか。2A3のように、A級ppからAB1級ppにすることを規格をあげるとはいいませんから、Epmaxを250Vから350Vにしたことを意味しているのでしょうか。

4.Klangfilm Ed   (KL 72406) というタイトルにしたことが意味するものはEd=KL72406であるということ。

3.の規格変更があって、AD1→ KL72406→ソケット変更 = Edとなったのでしょうか。本当にAD1とKL72406とは異なるのでしょうか。KL72406はEdと同じなのでしょうか。

最後に規格を調べて見ましょう。

EU VALVE にはデーターが記載されています。 http://www3.osk.3web.ne.jp/~euvalve/gallery/ed.html

ITEM Vf(V) If(A) Va(V) Vg(V) Ia(mA) Ri(ohm) Gm(mA/V   u    Ra(ohm) Po(W) Pa(W)
Ed      4   1.0  250  -49     65       650       6.0          3.9   2500      4.0      20
Eb      4      1.5   250   -45    120        660       5.0          3.2    ---      ---     30

ITEM Vf(V) If(A) Va(V) Vg(V) Ia(mA) Ri(ohm) Gm(mA/V    u   Ra(ohm) Po(W) Pa(W)
AD1    4     0.95   250  -45      60       670       6.0           4    2300      4.2       15
AD1/350 4 0.95   350  -75       35       750       5.0          7.5   3000      6.0       15
4683 =AD1/350

このデーターを信用してみると、Ed = AD1 ということができます。ばらつきのうちという程度です。規格を上げたということがわかるのは、プレート損失Pa(W)がAD1 15Wに対して、Ed 20Wとなっていることです。こういうことを規格を上げたというのですが、KL72406はどうなのでしょう。

AD1はTELEFUNKENとPHILIPSから規格表が出されていますが、Edはまだみたことがありません。

PHILIPS AD1 http://www.jogis-roehrenbude.de/Roehren-Geschichtliches/Ad1/ad1-german.pdf

TELEFUNKEN AD1 http://www.jogis-roehrenbude.de/Roehren-Geschichtliches/Ad1/AD1_TE.pdf

RFT Ed データー http://www.jogis-roehrenbude.de/Roehren-Geschichtliches/Ad1/Ed.pdf

努力不足で申し訳ないことです。伊藤喜多男氏のEdpp記事にもAD1と相当管データーを載せていますが、あれは東欧の出版物からの転載にすぎません。(Electronic universal Vade-Mecumというものです) 本来ですと、Siemensから規格表が来ていておかしくないのです。ご本人たちが、握り締めたか、Siemens自体に既にそのデーターが残されていなかったかでしょう。

後日 更に探すことができた規格表を基にもう少し考えて見ましょう。

続きを読む "素人の知ったかぶり、玄人の無知 その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

TECHNICS 40A パワー・アンプ その2

40a21

TECHNICS 40A STEREO・パワー・アンプ    115,000円  メンテナンス終了品 ですが、2台目になります。

1台目と2台目の音が少し異なります。

40a201

2台目は、カップリング・コンデンサーがオリジナルのペーパー・コンです。

1台目は、既にリークしていましたので、松下のフィルム・コンに変更しました。

メンテの結果、当アンプはオリジナル当時の音に近く、細い線ですが、明確な音になっています。フィルム・コンにするともっと正確に太い音になりました(その1)。

40a26

とても綺麗な内部です

40a23_2 ダンピングは右のつまみです

スピーカーの位相もアンプにて逆相に出来るのです

40a111

カバーを通してみた、真空管です

本アンプは中古品です。必要にして最小のメンテナンスを施し、発売当時の機能を回復させました。必要にして最小とはその意味であり、発売当時の外観を再塗装で復元する事ではありません。

保証期間は6ヶ月 期間中に不備が発生した場合は、無償にてメンテナンスを行います。ただし、部品代は実費をいただきますし、真空管を取替え使用したことによる、トラブルについては、無償保証の範囲に含まれません。

パワー・チューブの交換は、出力管を良く知る方が行って下さい。不備な真空管を使用すると、アンプ機能に重大な障害を与えます。可能性ではなく、最悪トランスの焼損を招くことを心して下さい。真空管アンプの最悪トラブルは真空管とコンデンサーが引き起こすことが大半なのです。経年変化による、コンデンサー容量抜け・絶縁性劣化はアンプに致命的ダメージを与えることは周知のことですが、同じことは抵抗にも言えることです。抵抗も抵抗値の変化が動的・静的に発生し、断線・ノイズ発生等が生じた時には重大なるダメージを当然与えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

TECHNICS 40A パワー・アンプ

Dsc_0733

TECHNICS 40A STEREO・パワー・アンプ    -円  メンテナンス終了品 

プリ・アンプ TECHNICS 30Aも近くメンテ開始(SOLD OUT) もう1台そのうちにメンテを予定していますが、日程はわかりません。

日本製のパワー・アンプを当舎が販売をするのは稀有なことです。

民生用としては大変面白い機能がありますので、2台購入して、メンテナンスして見ました。音も案外よいし、音量調整はできるし、スピーカーは2系統使用できるという優れものでもあります。なによりも、ゲインを変えずにダンピングファクターを+0.5~∞~-3まで連続的に可変することができるという機能です。また、ダンピングは全帯域と500Hz以下の低音域という切り替えも出来るという楽しさまでついています。 

詳細は http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-40a.html をご覧下さい。他店の宣伝になっても、こういった、地道な努力を評価するものですから、記載しました。

情報だけでは、わからないものです。まずは聞くことです。そしてご自分でお使いいただくことが大事なのです。音楽や、音が、そしてオーディオが、文字や画像でわかるのでしたら、演奏家も音楽堂もアンプ・スピーカー等も必要ではありません。

本アンプは中古品です。必要にして最小のメンテナンスを施し、発売当時の機能を回復させました。必要にして最小とはその意味であり、発売当時の外観を再塗装で復元する事ではありません。

保証期間は6ヶ月 期間中に不備が発生した場合は、無償にてメンテナンスを行います。ただし、部品代は実費をいただきますし、真空管を取替え使用したことによる、トラブルについては、無償保証の範囲に含まれません。

パワー・チューブの交換は、出力管を良く知る方が行って下さい。不備な真空管を使用すると、アンプ機能に重大な障害を与えます。可能性ではなく、最悪トランスの焼損を招くことを心して下さい。真空管アンプの最悪トラブルは真空管とコンデンサーが引き起こすことが大半なのです。経年変化による、コンデンサー容量抜け・絶縁性劣化はアンプに致命的ダメージを与えることは周知のことですが、同じことは抵抗にも言えることです。抵抗も抵抗値の変化が動的・静的に発生し、断線・ノイズ発生等が生じた時には重大なるダメージを当然与えてしまいます。

プリ・アンプ TECHNICS 30A について。

こちらも詳細は http://audio-heritage.jp/TECHNICS/amp/su-30a.html をご覧下さい。

そこにもあるように30Aのメンテにとって、最大の関門は<トーンアンプの出力も同時に調整する特殊4連ボリューム>がつくりだしたノイズです。代用品はありません。ボリュームが直ならければ、それでメンテナンス中止、予備パーツ供給品となります。とはいえ、メンテ終了せずに特性/良否を求める事ができません。ところで、なぜ4連なのかということを再確認してください。トーン・コントロールとラウドネスとヴォリュームを同時に支配するためで、これがなければアンプではないとは申しませんが、価値は半減することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

アメリカの出力管 TUNG-SOL 6A3

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷真空管ご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                    TUNG-SOL 6A3

Dsc_0721

Tung-Sol 6A3 未使用元箱入り @-円

Dsc_0722_2タング・ソルの6A3 プリント品です。特徴は、初期2A3と同一仕様のフィラメント・スプリング吊にあります。2A3と異なりフィラメントは6.3V1Aオーダーですので、竿吊でも問題ないのですが、スプリングを採用している大変良いものです。中国製300Bも1.2Aながらもスプリングにしていますが、単に寸法を出しやすいだけではなく、フィラメントの熱によるブレを少なくできる利点があるようです。

中国300Bのトラブルが多いという話をよく聞きます。部品選択、この場合フィラメントのつり方に問題があるのではなく、部品特性・製造・検査等において問題があるのです。さらに、安価であれば購入してしまう側に最終問題があるわけです。

                  TUNG-SOL 6A3 刻印

Dsc_0724_2

Tung-Sol 6A3 刻印元箱入り 中古極上ー新品同様@-円

Dsc_0726

ガラス頂部が心持黒化している

3本のみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの出力管 RCA 42 未使用封止品

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷真空管ご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Dsc_0713

RCA 42 未使用元箱入り @10,000円

箱はVICTOR 犬の箱です。乾燥してぼろぼろになっていますが、封止してあり、どれも開封してはありません。外から見た限りでは、ST管 ガラス・カーボン塗布タイプです。電蓄全盛期のスペア・チューブでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの真空管 電圧増幅管 30 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 新入荷真空管ご案内 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                        RAYTHEON 30

Dsc_0714

RAYTHEON 30 未使用元箱入り 4本のみ @3,000円

3本は未開封につき外観不明。1本は検査のために開封してある。封止は外箱にピンにて行っている

Dsc_0715

4本ともにST形状、ニッケル・プレートとなっている


                       SYLVANIA 30

Dsc_0716

SYLVANIA 30 未使用元箱入り 2本のみ @3,000円

こちらは内箱が引き出せるタイプで、そこを封止してある。1本は検査のために内箱を破損させている。欧米人のやることは実に雑である。話は変わるが、オークションで購入したアンプ修理依頼をいくつも受けた。総じて、アメリカからのものについては素人が行ったものは全て(本当に全て)使用できなくなっている。一部のプロは評価が高いそうだ。この修理は行っていないのでわからない。独逸からのものについては、100%修理しなおしで、素人に毛が1本増えた程度であった。韓国経由は論外である。

Dsc_0717

破損させた内箱

こちらもST形状、ニッケル・プレート




                        RCA CRC 30

Dsc_0719

RCA CRC 30 未使用軍箱入り @3,000円

Dsc_0720_2

封止型箱ではない

こちらもST形状、ニッケル・プレート



RCAが真空管を製造したのは間違いないようだ。最初期にはWestinghouseとGEが生産を担当、販売と研究・特許はRCAという役割分担があった。独占禁止法の下、役割が変わり、各社が真空管の製造を行えるようになりRCAも自社工場を持つにいたった。だが後、RCAがいつまで、民生用受信管をつくっていたのだろう。2A3、45、50のRCAブランドをありがたがっている人が多いが、実際の生産はほとんどがOEMであったとそして、お持ちのものもそうであるのをご存知なのだろうか。なんでも鑑定団で、ショックを受けた骨董好き・好事家と同じにならなければ良いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »