2019年7月 6日 (土)

ヤフオク 欧州管2題

店舗移転に4ヶ月を要したために何もかもがおざなりになってしまいました。未だ40台/日となるコンピューターアクセスの方に対する記事を追加する必要があると思いここに再開することにします。とはいえ、そう多くの面白い話はありません。

 

ヤフオクをみていたら、EU Valveが面白い真空管を二点出品していました。EU Valveは以前色々とお世話になり又、欧州管情報を最も持っていた方でもありました。このところは情報不足となってしまいましたが、営業事態を縮小ないしは停止したようですので、致し方ないことと思います。

その出品は今回二点ですが、ひとつはBTH B-12、もうひとつはKlangfilm KL-71403という真空管です。

BTH B-12 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s671296777  

それによりますとB-12はフィラメント電圧7.5V(1.25A)、プレート電圧425V(Max)、増幅率ミューは2.9となっています。(GM1.0ma/volt、Rp2.8kΩ) 1927年頃の製品でEdiswan Mazda PP3/425の前身とされます。

Mazda のPP3/425はUV-202/UX210と比肩されるもので、同等または相当管にMullard DO20があります。DO20もフィラメント電圧7.5V(1.3A)、プレート電圧425(max)、増幅率μは5,GM2.5ma/voltで内部抵抗が2kΩです。

動作例

PP3/425 Ep 425V Eg-100V Ip ca.27ma Dp 12W   Rp2.8KΩ GM1.0ma/volt μ2.9

DO20 Ep425V Eg-66V Ip40ma    Rp2KΩ GM2.5ma/volt μ5

UX-210 Ep425V Eg-39V Ip18ma    Rp5KΩ GM1.6ma/volt μ8

PP3/425を今まで4-5本入手し検査したところ、Eg-100VではIp30ma近くになるものはなく、概略20maがよいところでした。これは劣化したためと思いますが、サンプル数が少なすぎて結論が出ません。ただEg-60~70Vとなると30ma近くまでいきました。DO20の実測は更に少ないサンプル数でしたが、まあ動作例に近いものでした。

データーや実測データーからするとPP3/425やDO20がUX210相当管になるのでしょうか。UX250とUX210との間に位置するようにも思えます。今回はこれが主題ではないので、この件は機会があったときに再度調べましょう。

今回の主題はBTH B-12とTHB-12との関連です。

THB-12はフランスMazdaの前身であるMetal社のパワー管です。Mazda GW-302を入手した時に、フランスの方からTHB-12同等ということと、THB-12はBTH B-12ということを聴かされていました。

今回のヤフオクにBTH B-12とPP3/425との関連が記載されていました。ただ、今までの知識から、前身や後身が同じものを意味しないことを知っています。PX-4のあれだけあった変遷がB-12には適応されないとはいえないのです。まして、英国と仏国で同じ規格が続いたとしては危険でしょう。それでも大きなサジェッションをもらいました。仏MAZDA GW-302は型番から Ef7.5V Rp2kΩ前後(1.5-2.5K) そしてミュー 約3ですので、PP3/425と同じです。その一方同Mazda社にはUX210同等規格管であるCL1257がありました。タングステンフィラメントですが、Metal時代です。電極はCL1257とB-12及びPP3/425最初期とよく似ています。GW302とTHB-12とは別物でした。

THB-12とGW302の実測ではほぼDO20のカタログデーターでした。面白い結果ですが、いずれももう入手不能なようです。(皆さん返還してくれないかな、くれないだろうな)

TH社についてですが、The Thomson-Houston Electric Company については下記参照。

https://en.wikipedia.org/wiki/Thomson-Houston_Electric_Company

それには米国GEとの関連と共に、英国TH社(BTH)と仏国TH社(THCF)の記載があります。全て同根であったわけでその後BTHはEdiswan MazdaにTHCFはMetal Mazdaになっていったようです。

Iimg700x52515620669352vfap924337 Iimg700x5251562066924l4wkaa930663

上画像がヤフオクに出品されたBTH B-12です。

 

次はKL71403です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l532908249

ヤフオクでは上記のページになります。

出品されたKL71403は最後のナス管とされています。またTEKADEのロゴの入ったTELEFUNKEN製とされました。

実際の製造がどこかは私にはわかりません。KL71403の基となるのはRE604ですが、そのRE604にこのようなナス型があったのは面白いことです。

Iimg525x7001562067287wxqoiy14606 Iimg525x700156206730188yvpg870036 Iimg700x52515620673178ba2r518992

見てお分かりのように、電極はST管と全く同じです。カーボン強焼付プレート、六角プレート、フィラメント3本吊、寸法出し用ガラス棒、ステム形状やゲッター台はTELEFUNKENのあるものと同じです。ST管のRE604はTELEFUNKENとTEKADE製しか知りませんので、万が一それ以外の製造会社があった場合は推論は根底から崩れます。

唯一の違いは、ガラス形状です。この点において、出品者は少々疑義をもっているようです。電極はTELEFUNKENと同じ。でもTEKADEでも同じです。同様のものがありました。

ここに、同形状のガラスを持つTEKADE RGN2004やKL75301があります。画像は後日アップ

 

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

TMBF1について

何時も貴重な資料とご意見を戴いているD404F203さんから以下の情報を戴きました。
公開の許可を戴きました。
TMBF1について私なりに現物調査をしました。
今回入手できたTMBF1サンプルは、Visseaux バリウム昇華型フィラメント 水平プレート
Fotos F10 バリウム昇華型フィラメント 斜め小型プレート何れもチューブテスタでライフテストを行い良好なものです。
比較サンプルとして、
Fotos F10 バリウム昇華型フィラメント 斜め小型プレート
TUNGSRAM P455 バリウム昇華型フィラメント
P455は、PHILIPS D410、Visseaux RO4610、Dario TE10とフィラメント電流以外同一規格の球でVisseaux RO4610がどうしても入手出来なかったのでP455との比較になりました。
Ep250V、バイアス抵抗500Ωの自己バイアス
Visseaux TMBF1 Ip32mA
Tungsram P455 Ip32mA
Fotos TMBF1 Ip25mA
Fotos   F10 Ip25mA

Visseaux TMBF1=Tungsram P455(Visseaux RO4610)
Fotos TMBF1=Fotos F10
フランスの各メーカーはぐんからていじされたTMBF1の使用の範囲に収まる自社の既存球をTMBF1として供給した可能性が大きいと睨んでいます。
少ないサンプルなので確定的なことは申し上げられませんので、もう少しサンプル数が集まって検証が進みましたら追加報告いたします。
なお、FotosのF10の初期の大型プレートタイプは後期の小型プレートと特性が異なると思っています。
何とか初期の大型プレートを入手して検証したいものです。
当方にもVisseaux TMBF1とFotos F10 の在庫がありますので、近々合わせてみてみましょう。
改めて何時もありがとうございます。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

TECHNICS 30A ヴォリューム 入手

Img_0859

テクニクスのプリアンプの最大難所四連ボリュームです。

Img_0860

30Aには国内仕様に何種類か、輸出仕様にも何種類かあると。

100KΩ、250KΩそして500KΩの3種類をメンテナンス備品としてようやく入手しました。

これで、TECHNICSのメンテナンスに備えられるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

UTC LS-6L1 またはLS-6L3 そして LS-6L4

UTC 出力トランスがいくつか見つかりました。30WクラスのLS-6L1 と LS-6L3です。

これは各2個ありペアになりそうです。また、55WクラスのLS-6L4もありました。こちらはまだわかりません。
そこで近々、ホームページで販売することにしたのです。
UTCのLSシリーズは、その形状と大きさにより、基本的に3種類20W、30W、55-60Wあります。勿論例外は原則がある限りあります。LS-6L1や6L3は見た目では50W程度あります、そのために30Wというメーカー公表値を無視して誇大にしてしまうことがあります。確かに、出力はその歪み率と周波数の関係で変わります。とはいえ、メーカー公表値を私人が自己都合で変えることは様々な不都合があり、それを吹聴することはその不都合を人に不利益を与えることになります。
LSシリーズのコア・ヴォリュームはケースをよく見ればわかることです。丸い蓋にピンが植え込んでいるのですから、この蓋からしかコアは入りません。つまりコアはこの丸い蓋よりも小さいのです。ということで、詳細は近日ホームページにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

EMT 139a/b 1台販売予約受付

EMT 139aまたは139bのフルメンテ品の販売予約受付をします。
現状:当舎ブログに何回か登場していますが、EMT 139のデンマーク放送局放出品。入力トランスを真空管に交換して、アンプの増幅度をORTOFONに合わせたもののようです。
メンテナンス内容:フルメンテナンス 入力トランス Haufe T-94/2を採用、初段管と交換し原設計にもどす。真空管はTELEFUNKENのオリジナルEF804SとECC82未使用品を使用する。
予約価格:650,000円税抜き
予約条件:予約時にメンテナンス費用150,000円、納期予定1~1.5月
その他:電源は付属していません。本来EMT 927や930の電源を使用するものですから、電源はありません。当舎にて電源を製作しますと6~7万円になります。当然、927/930電源使用より整備された音質になります。
メンテナンスのみもお受けします。電話、メールでお申し出ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EMT 981 メンテナンス

以前お客様とトレードしたEMT 981が故障しました。電源が入らなくなったのです。当初よりスイッチにノイズが入り、整備状況が良くないことをお伝えしていたのですが、直ぐに電源が入らなくなりました。電源を入れるとリレーが働いているようですが、動作状態にはなりません。
購入先に結局はメンテナンスを依頼し、戻ってまいりました。使用してみると、電源投入ごの様々のスイッチ切り替え時にノイズが出、先に問題視した状態が改善されていないように見えます。そのうち、電源が切れていました。再度相談したところ、返品することになったのですが、メンテしたところに戻したところで、改善されないことはわかります。また、このまま手放しても、入手した人が、結局は困ることになります。思案した結果、当方でメンテすることにしました。メンテ後40-50日、連日3~5時間連続使用しても問題ないようになっています。今回は、そのお話です。
画像は分解前から後まで連続しています。また解説はしませんが、コンデンサーは全品チェック、交換したものはありません。何が一番の問題かは予測どおりでしたので、その部品を交換しました。分解してわかったことは、電源のコンデンサーがひとつ、フューズがひとつ交換、低電圧回路の石がいくつか交換してありました。現在も将来もトラブルが起きなければ、今回のトラブル原因は、間違えなくリレーにあったわけです。 また、ノイズフィルターは機能していましたので、ここはそのままにしてあります。
Dsc_1292_2

 

Dsc_1290

 

トレー周りの部分欠損、長期的には問題あり
Dsc_1291

 

こちらが欠損

Dsc_1294

リレー関連のプリント基板

Dsc_1296

こちらにもリレーがあります。
これら全てを交換するのですが、そのためには、全ての基板を取らねばならなくなりました。
そうすると結果、シャーシーもバラバラになるのです。
最後に納得したのは、メンテナンスは問題点を最後まで突き詰めて行わねばならないということです。皆さん、経費があるでしょう。メンテ依頼者は少しでも安くと思うでしょう。でもこの981は当舎のお客様にとっては2度メンテしているのです。結果的には、当方で行えば、ご負担が少なかったと思うのです。当舎のメンテ費用は、安くありませんが、結果的は比較にならないほど安価・安心・安全ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

 古典管を分解しました

いつものオーディオ講座 VALVO LK460 旧ナス管を分解
いつもこんな風にオーディオ講義が行われていますが、明日の講座を前にして昨日行われた講義の一部を記録しておきました。
独逸VALVO LK460 旧型ナス管の分解写真を多数撮りましたし、すこし記事にして、ご興味のある方、明日のオーディオ講座に来られない方のための勉強の一助になるようにしました。
ここ数年間レコード買出しをしていません。レコードショップを止めましたので仕入れを起こす必要がなくなったためです。と同時に真空管の買出しも行わなくなってしまいました。そこで、先方から送ってもらうのですが、これが間々破損してきます。取分け大型管やナス管は頻繁に起こります。今回のものも同じで、フィラメントとグリッドが接触して、どのようにしても元に戻らないので、分解し構造解析をすることにしたものです。

Dsc_1024_2

元はこのような旧型管です。相手方での測定では、Ep200V Eg-40VでIp30maが流れるというものでした。同梱されてきた他のナス管は無事でしたので、相手方の偽りではなく、輸送上の問題ということにしました。原因を調査するといっても、現実的には出来ず、結局曖昧になり、不快感を残すだけとなります。保険を適応させればよいというのも偶になら可能ですが、そう頻繁には行えないものです。
さて、どのような問題がこの真空管に起こったのかというと、フィラメントは導通しますが、グリッドーフィラメントも同じ程度に導通してしまうのです。つまり、グリッドーフィラメントがタッチしているということになります。

Dsc_1018

ガラスを割った直後の状態です。プレートが大きく変形していますが、割ったときに変形したものでもあります。
割った時には、マグネシウムが発火しました。

Dsc_1020

プレートを切り開く前の吊ったフィラメント側から見た状態です。プレート内側にメッシュがはってあります。

Dsc_1022

これは、プレート片側を切り開いた状態です。少し整えています。
ふと気付いたところ。上フィラメント吊り金具は4箇所、下のフィラメント固定金具は6本がステムから出ています。更にプレート支柱は片側2本の計4本あります。相当堅固に支えられている状態がわかると思います。

Dsc_1023

グリッドとフィラメントの線材の太さは違いますが、大変近いものです。

Dsc_1026

上部フィラメント吊りは4本を繋いでいます。

Dsc_1027

今度はステムを見ましょう。
フィラメント用ピンは6本各3本をステム内にてジメット線でつないでいます。つまり、往復させたフィラメントは8本になります。
戦後AD1をPHILIPSが再生産したときと同じです。
ステム内での加工を行っていたとは、初めて知りました。

Dsc_1028

これがその実写です。また、大型のプレートを支えるためには、4本の支柱が必要としたのです。それでもプレート上部は衝撃で変形しにくい構造ですので、結果として、プレート支柱がステムから剥離していくしかなくなります。

Dsc_1029

このようにステムの破壊がおきました。
この画像のもうひとつ大事なことは、グリッド支柱の根元にはニッケル円盤が黒いですが入っています。こういう細かい製造ノウハウが真空管製造黄金期には積み上げられていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ

ホームページの作成しました。

出来は色々な意味においてまあまあでしょう。未完成ではありますが。

https://www.rakumeischa.com/

しばらくは毎日が更新 商品を増やしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

フランスの真空管 DW601.601.T425

 新入荷真空管ご案内

Fotos_t4251_4 

FOTOS T.425 ナス管 元箱入り 2本セット 価格-円

左 未使用品 右 新品同様 使用には箱にセットされているボール紙を取り去る必要がある

Fotos_t4252_3

T.425はテレフンケンREN904同等管

Fotos_t4253_3

画像 水平プレートを採用している

カソードは傍熱型である




Mazda_6011_4

MAZDA 601 ナス管 箱なし 2本セット 価格-

右 新品同様 左 ほぼ未使用

このタイプのマークは使用し熱が入ると変色する、更に使用していくと文字が薄くなる

Mazda_6012_3

601はDW601と同形状・同寸

Mazda_dw6011_3

MAZDA DW601 中古良品 2本セット 価格-円

MAZDA DW601/601 未使用元箱入り 2本セット 価格-

Mazda_dw6012_3

DW601と601との違いは不明

現在判明しているのは DW601はPX4互換でナス型と同規格であること。但し、Ep250Vmaxのオーダーではある。

つまり Ep250V Ip48maという次第だ。

DW601が古く、601が後からつくられたといわれているがどう違うのかはわからない。

PX4と同規格ならば、DW601 Epmax250Vは601とした時点で、PX4 Epmax300Vと同じになったと考えられる。
同様なフランス管であるFOTOSのF5も少なくとも3回の規格変更があり、初回のEp200VmaxからEp250Vmax になり最後はEpmax300Vとなった。

| | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

レコード・コンサート 予告 10月

  • レコード・コンサート 10月のお知らせです。
10月15日(日)、神田神保町、楽鳴舎(らくめいしゃ)にて商品の試聴をかね、レコードコンサートを行います。

他とは違うドイツオーディオの深みと厚みのある豊かな音響世界を、ぜひお楽しみ下さい。


ETERNAレーベルを中心にご紹介します。
日時 10月15日(日) 13時30分頃より 入場料1,000円 ドリンク付
第2回目 ETERNAレーベルの世界を他レーベルと同録音との対比にてみてみましょう。
演奏レコードによって繰り広げられる世界をご堪能ください。

13時少し前よりレコードを聴くための幾つかの実験と実際を余興にておこないます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«フランスの真空管在庫 TMBF-1